開店祝いに胡蝶蘭を贈る時の気配りポイントとは?

開店祝いに胡蝶蘭を贈る時の気配りポイントとは?

まず、開店祝いに胡蝶蘭を贈る時には飾り付けを行おうと考えている方もいるでしょう。
贈り物なので、飾り付けをするのは変わっている事ではないと思います。
しかし、その飾り付けの色合いは気を配る事が大事になります。
基本的には開店祝いに贈る胡蝶蘭の飾り付けは赤色以外をおすすめします。

また、胡蝶蘭のサイズは、先方に不都合ではない物に決めます。
例えば、気に入ったデザインの家具を購入しても、
それが置こうと考えていた部屋には大き過ぎたら返品も考えるかも知れませんよね?
胡蝶蘭だけではなく、インテリアを贈る時にもサイズは大事なので覚えておきましょう。

更に、考えにくい事態ですが枯れ切った状態の胡蝶蘭を贈る事は避けた方が良いです。
例えば、枯れている花を贈られても、これは嫌がらせなのかと疑ってしまう場合もあると思います。まして、開店したばかりのお店に枯れ切った状態の花が置いてあったら、お客様によっては隅まで配慮が出来ていないのかと思われてしまうかも知れません。

加えて、開店祝いの場面で胡蝶蘭を贈る時にはその値段にも気を配る事が大事です。
例えば、開店祝いの場面での胡蝶蘭のお仕事の関係で贈る場合と知り合いや友達に贈る場合とでは相場は差が見られる傾向にあります。具体的な相場の価格は、仕事の関係に贈る場合は1万円から5万円位・知人や友達に贈る場合は5千円から2万円位・身内に贈る場合は1万円から3万円位です。

この他にも、開店祝いを贈る側としては、立札を自分が書かなくてはいけないのかと不安を感じる場合もあるかも知れません。しかし、胡蝶蘭を購入する先で、有料や無料で胡蝶蘭の立札の用意も行ってくれる場合もあります。尚、胡蝶蘭に付ける立札の内容はきちんと適切な物になるように注意しましょう。

胡蝶蘭の魅力的なポイントとは?

胡蝶蘭のどんな所が魅力的か説明したいと思います。
胡蝶蘭の魅力を理解した上で開店祝いに贈った方が安心できるかも知れません。
まず、胡蝶蘭はその花言葉が素敵であると言う点が挙げられます。
実は花言葉にも色々な物があり、その中にはあまり良い意味合いではない物もあるのです。
例えば、愚かと言う花言葉を持つ花や悪意と言う花言葉を持つ花もあります。
何の説明もなしにこのような花言葉を持つ花を贈られたら、
何の意図で贈って来たのか意図を疑ってしまう方もいるかも知れません。
しかし、胡蝶蘭には幸運が飛んで来ると言う花言葉があり、
この他の花言葉も受け取って不快になるような物ではないようです。

また、胡蝶蘭の花は通販でも扱っている点が魅力的でしょう。
勿論、実際に胡蝶蘭を販売しているお店に足を運ぶのも有りだと思います。
しかし、実際に胡蝶蘭を販売しているお店を探すのも足を運ぶのも手間が掛かりますよね。
通販サイトを利用するなら、少なくとも足を運ぶ手間は掛かりませんよね。
ただ、胡蝶蘭を販売している通販サイトは色々な所があるので、
優良な所を利用する事をおすすめします。

更に、胡蝶蘭はその花の色にバリエーションがあるのも魅力的です。
例えば、胡蝶蘭の花の色にはピンクの物もあり、その濃淡にも差が見られたりします。
胡蝶蘭は花の色によってもその花言葉の意味が変わって来ます。
考えてみると特定の色に苦手意識を持っているケースもありますよね。
例えば、シンプルな色合いが好きな男性に濃いピンクの胡蝶蘭を贈っても、
少し先方に違和感を覚えさせてしまうかも知れません。
胡蝶蘭の花の色を選ぶ時にも先方に気遣って選ぶ事をおすすめします。

加えて、お祝いに花を贈る時にその花粉が迷惑にならないか心配な方もいると思います。
花の種類によっては、花粉が気になるような物もありますよね。
しかし、胡蝶蘭の花粉は皆無ではありませんが、控えめになっているそうです。
よって、贈った物をお店に飾られるかも知れないと言う場合にも、
胡蝶蘭は贈りやすいのではないでしょうか。

この他にも、胡蝶蘭の見かけは魅力的な物であると評価される事が少なくないです。
やはり、お祝いの時に贈る物をする場合は、その品物の見掛けも大事でしょう。
胡蝶蘭には品もあるとされており、
お店を開くと言う人生でもあまりない事態のお祝いの品としてもおすすめなのです。

開店祝いに贈り物をする時に大事になる事とは?

まず、開店祝いを贈る時には、そのタイミングを間違えないようにしましょう。
最初にいつ先方がお店を開くのかを確認をする事をおすすめします。
開店祝いを贈るのは開店する日の午前中か、その前日がタイミングとする考え方があります。ただ、開店祝いの日の午前中やその前日が先方が慌ただしいようであれば、そのもう数日前に贈るのも良いでしょう。ただ、実際にお店を開くのかどうかも決まっていないのに、開店祝いを贈られても困惑させる可能性があるので注意した方が良いです。

また、開店祝いの贈り物をする時に遅れてしまったと言う事態が発生した時には、
どのように対処すればいいか迷う方もいると思います。しかも、その開店祝いの贈る本来のタイミングから様々な事情が重なって、それなりの時間が過ぎてしまった場合もあるでしょう。この場合は、開店祝いの贈り物の熨斗の言葉を適した物に選ぶ事が大事です。
贈り物に熨斗を付ける時にその言葉の選択が適切ではないのは、大きく遅れて開店祝いを贈る場合に限らず頂けませんよね。この場合に適した言葉としては祈御発展と言う言葉があり、熨斗の言葉にはこちらを使用する事をおすすめします。

加えて、開店祝いを贈る時には、六曜に関しても気遣いを忘れないようにする事をおすすめします。先方が六曜に関して気を配る方である可能性があるなら、こちらもきちんと意識しておいた方が良いと思います。
六曜は何なのかと言うと、例を挙げると交遊関係のある方で結婚式を大安の日に挙げた方はいませんか?この大安も六曜の一つなのです。
このような六曜が開店祝いに贈り物をする時に、どのように影響して来るのでしょうか。例えば、大切なお祝いに仏滅の日に贈り物をされて、釈然としない思いを抱える方もいるのです。六曜はどうでも良いと思っている人でも、人によっては重んじる人もいる事を覚えておきましょう。

この他にも、開店祝いの時には、先方の名称間違えには重々気を付けましょう。
これはお祝い事に限らず、日頃の生活上でも行うのは避けたい種類の失敗です。
特にミス防止のチェックを怠っていた場合は、名称間違えをしてしまうかも知れません。
万が一の事態にならないように、贈る前の段階で徹底的に確認しましょう。
全然別の名前と間違っていたと言うケースでなくても、
名称の漢字が間違っていたケースも考えられます。

開店祝いを贈る時に避けなくてはいけない事とは?

開店祝いを贈る時には、避ける音が必要な事態があります。
まず、開店祝いを贈る時に先方に手紙などを綴るケースもあります。
このような時には、手紙の文中でお店を開くのを祝う内容などを書くと思います。
当たり前ですが、開店祝いの時に送る手紙の内容は相手を傷付ける物は避けましょう。
加えて、開店祝いの手紙などではどんな言葉でも使用しても良い訳ではないのです。
忌み言葉があるのを忘れてはいけません。
忌み言葉のイメージがいまいち湧かない人もいるかも知れませんね。
例えば、学生生活を送っている時に志望学校の受験をする先輩の前では、
落ちるなどの言葉を言わない様に気を付けた経験はないでしょうか。
開店祝いにも、複数の忌み言葉があるので気を付ける事が必要なのです。
燃える・枯れる・さびれる・灰・落ちるなどがあります。
開店祝いの手紙などを書くのに夢中になって、
忌み言葉がなおざりにならないようにしましょう。
開店祝いの手紙などを書き終えたら、
内容に変な所がないかを含めて忌み言葉も間違えて使用していないかも調べましょう。

また、開店祝いに贈るのは縁起が良くないとされている品物があるのです。
このような品物でも贈られる本人が開店祝いの品物として、
はっきりと希望している際は贈っても良いとする場合も見られるようです。
しかし、基本的には縁起が良くないとされる品物は贈らない方が良いのです。
開店祝いの時に縁起が良くない品物の一つとして、火事を彷彿させる品物があります。
折角のお店を開いたと言うこれからの言う時期に火事なんて冗談ではないでしょう。
火事を彷彿させる品物としては、キャンドル・ストーブなどです。

更に、開店祝いの時には贈るのは慎重になった方が良い花もあります。
例えば、育てるのが難しい花・香りが強い花などです。
育てるのが難しい花や香りが強い花は、贈られる側にとって負担になる可能性があります。
こちらだけではなく、開店祝いの時には赤い色の花を大量に贈るのは避けた方が良いです。
これは先程紹介した開店祝いの時に火事を彷彿させる物は縁起が良くないとするのと繋がっています。ちなみに、赤い色は花以外の品物であっても開店祝いには贈らない方がいいです。この他にも、開店祝い以外でも縁起が良くないので贈らない方が良いとされている品物はあります。

開店祝いに贈る時の定番の品物とは?

開店祝いの贈り物を考える時に、定番の品物を知りたいなと思う場合があると思います。
そこで、開店祝いの贈る時の定番だと言われている品物を紹介します。
ただ、開店祝いに定番だと言われていても、先方の好みではない物だったら無用の長物と化す可能性があるので注意した方がいいでしょう。

まず、開店祝いにはお酒も定番の品物であると思います。
ただし、お酒を贈る時には先方が禁酒中ではないか、
お酒が嫌いな方ではないかも調べておく事をおすすめします。
もし、お酒が嫌いだったり、或いは禁酒中なのに贈られても迷惑かも知れません。
お酒を贈ると言っても洋酒や日本酒など、色々な種類がありますよね。
どのような種類のお酒を贈るのかは、先方の都合や好みに合わせると良いと思います。

また、開店祝いには観葉植物も贈られる場合は少なくありません。
観葉植物と言っても、開店祝いとして贈る時には見ておきたい点があるのです。
第一に、その観葉植物のどれ位お世話する事が必要になるかです。
やはり、観葉植物を贈られると、
そのお世話をする事も多かれ少なかれ必要になると思います。
贈った観葉植物のお世話が先方の負担になってしまっては、
贈ってしまった側としても申し訳なさを感じるのではないでしょうか。
開店祝いに観葉植物を贈る時にはそのお世話の負担が軽い物にする事をおすすめします。
第2に、観葉植物の花言葉の内容もチェックしておきましょう。
観葉植物にも、花言葉は存在しています。
観葉植物の中にも、あまり良い意味合いではない花言葉もあります。
例えば、アロエも観葉植物の一つであると言えますが、
その花言葉の中には苦痛と言う物もあるのです。
開店祝いに観葉植物を贈るのなら、それに適した花言葉の物が良いですよね。

更に、開店祝いとしてインテリアも贈られる場合も多いです。
開店祝いに趣味に合ったインテリアを贈ると、喜ばれるかも知れません。
ただ、人の好みは本当に様々ですし、そのインタリアを飾る場所との相性もあります。
それらの事を事前に調べて、贈るインテリアを選ぶ事をおすすめします。
お祝いに贈られた物だから、あまり気に入らなくても表に出す訳には行かない場合も少なくないのです。贈るインテリアを選ぶ時には、慎重さを心掛けた方が良いかも知れません。

加えて、開店祝いに現金を贈るのも珍しい光景ではないと思います。
お店を開く為には沢山のお金が必要とされる事が考えられますよね?
現金なら贈られた側が自分の必要な物や好きな物を得る為などにも使用する事が出来ます。
開店祝いに現金を贈る時には熨斗袋を使用する事になるのですが、
その表書きなどにも正しい言葉を書く様に注意しましょう。
この他にも、開店祝いに花なども贈られる場合もあります。

まとめ

現時点で、開店祝いに胡蝶蘭や何かの品物を贈る準備をしている方もいると思います。
もし、そのような場合は、自分自身がきちんとマナーに沿っているかチェックする事をおすすめします。先方にとってはお店を開くのはお目出度い事であるのが考えられるので、
それに相応しく礼儀に叶った祝い方をすると良いと思います。

開店祝いにおすすめの胡蝶蘭の通販サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする